So-net無料ブログ作成
旅行(年末・年始) ブログトップ

台湾・高雄(5) [旅行(年末・年始)]

昨日(12/23)で、終了するはずが。
台湾・高雄から帰国途中の撮影です。
12月24日(土曜日)帰国。

DSCN0208.JPG
DSCN0209.JPG
午前7時半ごろ、チェックアウトの時間に自室から。

DSCN0210.JPG
高雄・新幹線発着駅(左営駅)
DSCN0211.JPG
DSCN0212.JPG
DSCN0213.JPG
DSCN0214.JPG

DSCN0215.JPG
A330-300型(航空会社:チャイナエアライン)
この飛行機で帰国。

DSCN0216.JPG
A9(搭乗口)、荷物を預けて搭乗券に記載されている
ゲート(A7)へ行くと、変更されたとのこと。

DSCN0217.JPG
全員が機内に入った後もなかなか動きません。
30分ぐらいして、やっとノロノロ運転。
飛行機が数珠つなぎです。

DSCN0218.JPG
1時間遅れで、やっと着陸態勢、見えているのは
明石海峡大橋です。
定刻午後3時50分関空到着予定が午後5時前の到着。
レンタカーにて(関空で借用、京阪寝屋川営業所で乗り捨て)、
自宅へ、荷物を降ろして京阪寝屋川営業所へ返却しました。

nice!(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

台湾・高雄(4) [旅行(年末・年始)]

2011年12月20日(火曜日)から
12月24日(土曜日)まで

2011年12月23日(木曜日)
1930年の霧社事件の現場を訪ねました。
写真枚数が多くて19枚です。
DSCN0189.JPG
朝の6時半ごろ自室内を撮影しました。

DSCN0190.JPG
午前10時45分ごろ、出発して最初のサービスエリアです。
名称不明。

DSCN0191.JPG
2回目の休憩(サービスエリア:名称不明)
お昼頃です。

DSCN0192.JPG
高速3号線走行中の風景。
小さく真中あたりに仏像の頭が。
(同じ時間ぐらい、SAを出て20分ほど)

DSCN0193.JPG
午後2時ごろ霧社に到着です。
(山の頂上付近:1000mほど)


DSCN0194.JPG
事件現場の小学校跡地です。
(1930年の霧社事件の現場)


DSCN0195.JPG
抗日記念公園の像です。


DSCN0196.JPG

DSCN0197.JPG

DSCN0198.JPG

DSCN0199.JPG


DSCN0200.JPG

DSCN0201.JPG
事件現場の小学校は抗日記念公園、
現在のこの小学校の写真は、この公園から
道路を隔てた下のほうにあります。
(小学校の先生に確認しました:少しだけ日本語が通じたので)


DSCN0202.JPG

DSCN0203.JPG
霧社のバス停。

DSCN0204.JPG
午後2時半ごろ帰ります。
その車を止めていた場所。

DSCN0205.JPG
帰宅途中の高速3号線で給油のため
SAへ。

DSCN0206.JPG
遅い昼食をたべました。

DSCN0207.JPG
やっと高雄市内に。
これで台湾・高雄は終了です。
今日帰国します。

タグ:台湾・霧社
nice!(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

台湾・高雄(3) [旅行(年末・年始)]

2011年12月20日(火曜日)から
12月24日(土曜日)まで


2011年12月22日(木曜日)
墾丁にてビーチダイビング。
カメラ(ハウジング)を持って行かなかったので、
今回は2枚だけです。

DSCN0186.JPG
ログ(水中記録メモ)

DSCN0187.JPG
オーナーご夫妻です。
ご主人のケビンさん、
最高のガイドです。
(海の中を案内していただいて)
奥様の礼子さん、
ほんとに素敵なかたです。
とっても短い時間でしたが
楽しい日をありがとうございます。
下記は、ホームページです。
http://www31.atwiki.jp/lidaodive/


DSCN0188.JPG
日帰りでホテル自室からの夜景です。

nice!(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

台湾・高雄(2) [旅行(年末・年始)]

2011年12月20日(火曜日)から
12月24日(土曜日)まで

2011年12月21日(水曜日)
台湾・高雄にてレンタカー借用。
ひとまず、ホテルへ戻りました。
DSCN0178.JPG
DSCN0179.JPG
7017号室(70Fの17号室)より、
撮影をした海の付近まで運転練習(車:右側通行)
車も左ハンドル。

DSCN0180.JPG
窓から見えていたところ付近(西子湾)
DSCN0181.JPG
DSCN0182.JPG
今回借用した、ホンダ・フィットです。

DSCN0183.JPG
ロケットのような形のホテル(私が宿泊中)
高雄金典酒店(スプレンダーホテル)を撮影。
丁度フェリーが通って。

DSCN0184.JPG
DSCN0185.JPG
ホテルへ無事に戻って自室から再度撮影しました。
タグ:台湾
nice!(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

台湾・高雄(1) [旅行(年末・年始)]

2011年12月20日(火曜日)から
12月24日(土曜日)まで

昨日(12/20)は、関空から高雄までの移動です。
出国手続き。
Photo_0020.jpg

通称ジャンボ(B-747-400)
Photo_0021.jpg

搭乗口です。
Photo_0022.jpg

ジャンボ機内です。(エコノミー)
Photo_0023.jpg

桃園国際空港からタクシーにて
新幹線桃園駅に到着。
Photo_0024.jpg

駅前で、たばこタイム。
ボストンバッグ・パソコンバッグ・バッグ
Photo_0025.jpg

新幹線のホームです。(ボケボケの写真)
Photo_0026.jpg

700系です。(ボケボケの写真)
Photo_0027.jpg
Photo_0028.jpg
Photo_0029.jpg
Photo_0030.jpg
その後、無事高雄に到着。
明日(12/21)は、レンタカー(ホンダ・フィット)を
借用します。
タグ:台湾
nice!(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

匠と鹿児島へ [旅行(年末・年始)]

2011年11月21日(月曜日)
11月22日(火曜日)まで。
一泊二日にて鹿児島へ。

DSCN0120.jpg
午前10時40分ごろ、
モノレールにて大阪空港(伊丹)に到着。



DSCN0121.jpg
鹿児島便(ボンバルディアDHC8-Q400:プロペラ機)
YS-11以来です。(プロペラ)

DSCN0122.jpg



DSCN0123.jpg
鹿児島空港にて
匠(甥)の到着を待ちます。

DSCN0124.jpg
預けた荷物を受け取って。

DSCN0126.jpg
鹿児島県庁舎から桜島を撮影(逆光)
錦江湾(鹿児島湾)の向こうの桜島、みごとですが
今年、すでに七百数十回の爆発をしているそうです。
翌朝、宿泊した白水館から車に乗った時、
前面ガラスが灰で真っ白に。
鹿児島には2003年から2005年まで、在住してました。

タグ:家族旅行
nice!(29)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

山口県柳井市・湯野温泉 [旅行(年末・年始)]

2011年11月15日・16日
タイトルの旅行へ。
いつものようにペットシッターの山崎様へ3人のことを
お願いをして。
大阪府寝屋川市梅が丘の最寄駅(JR東寝屋川駅)
DSCN0092.jpg
DSCN0093.jpg

新大阪からの新幹線省略、
JR広島駅在来線の山陽線(115系:4両編成)
この電車に乗って山口県岩国市まで。
DSCN0094.jpg
DSCN0095.jpg

途中の車内からの風景。
動画は、下記をクリック。(18秒)
http://www.youtube.com/watch?v=cR2Xme1ciSg

動画は、下記をクリック。(49秒)
http://www.youtube.com/watch?v=Mvxn65Vnrto

動画は、下記をクリック。(27秒)
http://www.youtube.com/watch?v=nZa0_C1-SUk

動画は、下記をクリック。(53秒)
http://www.youtube.com/watch?v=zleV72qJq8M

JR岩国駅に興味を沸かせるキハ47系などが見れたので
思わず撮影しました。
(JR岩国駅到着、14:38分)
動画は、下記をクリック。(21秒)
http://www.youtube.com/watch?v=tiUGb1lPumQ

ここから、徒歩で5分ほどのところにある
日本レンタカーにてプリウスを借用、柳井市へ向かいます。
途中の海岸沿いの風景。
DSCN0101.jpg
JR山陽線大畠駅付近
(目的地の柳井市まで後15分ほど)

柳井市図書館へ到着。
電話で確認済みの当市内地図、
今から31年前のゼンリン地図(1965年当時のもの)
DSCN0102.jpg

見事に目的の地が30年前の地図に載ってました。
現在の地図と比較しながら目的地へ。
DSCN0103.jpg
山口県農林事務所畜産部
(30年前の地図には山口県家畜保育衛生所)
下記写真も、その途中。
DSCN0104.jpg

ついに目的地、なんと現存してました。
(30年前に新築、2階建鉄筋コンクリートの建物です)
DSCN0105.jpg
DSCN0106.jpg
今はクリーニング屋さん。
DSCN0107.jpg
古くからありそうなご近所さんに確認しました。
これで、今回の最大の目的は達成。
湯野温泉へ。
翌朝(11/16)、ここも古くからある旅館。
今回、初めて、こんなところが近くにあるんだと。
DSCN0108.jpg
DSCN0109.jpg
ここの付近を撮影です。
そしてこちらの旅館のパンフレット。
img346.jpg
下記が2枚折りの裏面です。
img347.jpg

こちらを朝食後、午前8時前に出発、
1時間ほどで岩国市の日本レンタカーへ
車を返却、駅前からバスにて。
錦帯橋経由とのことで撮影しました。
DSCN0110.jpg
DSCN0111.jpg
DSCN0112.jpg

午前10時に新幹線の新岩国から無事
自宅へ。また日常の始まりです。

〒572-0803大阪府寝屋川市梅が丘1丁目17番
ライツシティ東寝屋川2-504号

欠瀬 和明(カケセ カズアキ)

電話:072-821-8088

メール:kakese@xj8.so-net.ne.jp

個人情報(保護?)とかいうものの公開です。


タグ:旅行
nice!(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

台湾旅行:2009年12月23日~27日(宿泊は台北) [旅行(年末・年始)]

もう一生、海外へ行くことはないだろうと思っていたのですが、
金瓜石というドキュメンタリー映画を見てから、
また、友人との話から、やれるときに、やれるのなら、
やったほうがいい。
という話から、じゃあ、金瓜石へ
行こうと、思い立ちました。
(20100401から失業してしまうことも顧みず)
(現在も海外へは特別行きたいとは思っていません)

どうせ行くなら、海へも入りたいし、レンタカーも借りて走りたい。
下記の日程で、行ってきました。


1. 12月24日(木曜日):ダイビング(龍洞湾)

2. 12月25日(金曜日):金瓜石

3. 12月26日(土曜日):レンタカーにて頭城・宣蘭へ。



12月24日(木曜日):ダイビング(龍洞湾)
img144.jpg
潜水客棧という東北角海岸のショップです。(タンクレンタルのみ)
今回、陳さんにガイドをしていただき、
彼の車に同乗させていただきました。
朝7時半、台北市内のホテルと現地間の
送迎までしていただいております。
初めての問い合わせは、下記HPより連絡させていただきました。
【台湾潜水談話室】
http://8552.teacup.com/bsactw/bbs?OF=0&


東北角海岸(龍洞湾)の位置について。
img143.jpg
img142.jpg

下記の写真は、ショップ前よりダイビングポイント(龍洞湾和美小学校)方向を
撮影しました。
DSCN0013.jpg


DSC02306.jpg
龍洞湾和美小学校前にて器材セッティング。
この、太ったおじさんが私です。



いよいよ1本目のエントリーです。
DSC02308.jpg
マスク装着の動作へ、ところが、
マスクとストラップをつないでいるピンが外れてしまい、
座り込んでピンをはめ込んでいるところ。
(ときたま、古いから注意しないと外れることがあります)


やっと海の中へ入れました。
DSC02309.jpg


DSC02317.jpg
台湾は、ほとんどアルミタンクとのこと。
最初から、そのつもりで、
5ミリ・ウエットでは4キロですが、
2キロ増やしても沈まないんです。
(結論:陳さんに沈めてもらいました、かっこ悪い)
2本目は、もう2キロ追加して、合計8キロ。
スムーズに潜行できました。

以下はログブック記入のメモです。
日付:2009年12月24日(木曜日)
ポイント名:龍洞湾和美小学校前、
これでよかったですか?

水温22度  気温20度 天気晴れ:凪
透明度1本目10~15m  2本目10m
ウエイト7kg(1本目) :沈まない。
 9kg(2本目):沈みました。

エントリーポイントより少しだけ沖に行ったところに大きな根があります。

1本目:AM9時40分~10時06分(ダイブタイム:26分)
:右回り:最大深度24m

2本目:AM11時11分~11時46分(ダイブタイム:35分)
:左回り:最大深度19m

見た魚たちは1、2本目、混合です。(一度だけでは区別できません)
ヒトスジエソ、シマウミヘビ(図鑑確認済み)、ヤミハタ、モヨウハタ、
オオスジイシモチ、コスジイシモチ、ヨスジフエダイ、
フウライチョウチョウウオ、トゲチョウチョウウオ、チョウチョウウオ、
ミゾレチョウチョウウオ、アマミスズメダイ、デバスズメダイ、
セダカスズメダイ、ソラスズメダイ、ロクセンスズメダイ、イラ、
カミナリベラ(雄)、(雌)、ツノダシ、クロユリハゼ、ハナモノカサゴ、
ツマジロモンガラ、サザナミフグ、ハリセンボン

デバスズメダイがこのポイントのベースとなる魚と考えてよいのでしょうか。



【金瓜石】
12月25日(金曜日):鉄道経由にて金瓜石へ
当初、バスで、行くことを検討していたため、
まったく、前日まで、考えてもいなかった鉄道での金瓜石行きを
いきなり検討しました。
24日のダイビングが、陳さんの車にて、
ほぼその付近を走行したため、
また渋滞も考えられ、鉄道には、
普段よりNゲージをやっているため
十分に興味がありました。
急きょ、レンタルノートパソコンにて、
最寄駅、グーグル地図など詳細をネットにて検討。

行き:台北9:00分発 自強号(在来線特急)  車次1061(車両番号)
img145 - コピー.jpg

帰り:瑞芳14:38分発 呂光号(在来急行)   車次58(車両番号)
img146 - コピー.jpg

本屋にて購入したガイドブック(新個人旅行“台北”:昭文社発行)
のマニアルに従って、予約メモ(日本のみどりの窓口での予約)を手書き。
当日ホテル最寄駅の西門(シーメン)より
MRT(日本の地下鉄)に乗って台北駅へ。
そこの予約窓口にて、予約メモを係りの女性へわたす。
DSCN0014.jpg
この乗車券に八緖(土辺の渚がない)より以後無座と
記載されていた意味は、後でわかりました。
その時は、能天気に、以後自由席と勝手に解釈。
(自由席ではなく、指定された席がなくなる、
つまり、立ち席ということです。)

DSCN0015.jpg
この第四月台を最初に見たとき、
こんな名前の駅、あったっけ。
下に、プラットホームと表示してました。

DSCN0016.jpg
自強号(特急)が入線してきました。
シャッターチャンスのタイミングがずれて。

DSCN0017.jpg
6号車29番の席について車内を撮影しました。

DSCN0023.jpg
瑞芳へ向かう途中の反対上り自強号。

DSCN0024.jpg

DSCN0025.jpg


瑞芳に到着しました。
DSCN0027.jpg

DSCN0028.jpg

私の乗ってきた自強号の後ろ姿です。
DSCN0029.jpg

DSCN0030.jpg

瑞芳駅です。
DSCN0031.jpg

駅を背にして駅前を撮影
DSCN0032.jpg
この黄色いタクシーで金瓜石へ向かいました。
(台湾ドルで240元です:3を掛ければ日本円です)
(台湾のタクシーは、すべて黄色です)


ここから金瓜石です。
(天候は一日中、くもりと時折の小雨、そして霧)
DSCN0033.jpg
この長屋は、ここのスタッフの方に案内してもらいました。(日本語のできる方でした)

DSCN0034.jpg
現在は、警察署です。中に入って、
ここは以前なんなのかを聞いたのですが。
(日本語通じません)

DSCN0035.jpg
日本統治時代の1922年(88年前)に
建築した迎賓館。(室内は不可)周りだけ。

DSCN0036.jpg

DSCN0037.jpg

DSCN0038.jpg
海の方向を撮影しました。

金瓜石山神社(黄金神社)へ向かう参道です。
DSCN0039.jpg
写真がぼけてます。

DSCN0040.jpg

神社の正面から撮影
(本体はもうありません、柱のみが残存しています)
DSCN0043.jpg

後ろから、前に向かって撮影しました。
DSCN0046.jpg
この後方は、絶壁のようになってます。

DSCN0049.jpg

本堂からの戻り路直前の撮影です。
DSCN0050.jpg

DSCN0051.jpg

黄金博物館です。
DSCN0052.jpg
写真のほぼ中央が白くなっていますが、
ガラス張りでおおわれています。

DSCN0054.jpg

本山五坑入口
DSCN0055.jpg
中を見学しました。ヘルメット着用(見学料別途50元)

DSCN0056.jpg
このトロッコが、本山五坑へ続いています。
(現在は展示のみ)

DSCN0057.jpg
トロッコの軌道をそのまま歩いていきました。

DSCN0058.jpg
たどり着いた先が、この階段の石畳です。

DSCN0059.jpg
下って行った途中にすでに空き家となり、
消滅を待つばかりの家屋も多く見られます。

DSCN0060.jpg
今、下ってきた石畳を下から撮影したものです。

DSCN0061.jpg


サービスセンターにてのパンフレット(日本語版)
img147.jpg
入場料は100元、また本山五坑入場は別途50元が必要です。

裏面には簡単な園内案内図があります。
img148.jpg
この施設の詳しい説明をご希望の場合は
下記アドレスを参照してください。
http://www.gep-jp.tpc.gov.tw/jcontent/theme/theme.asp


瑞芳市街にて撮影しました。
DSCN0062.jpg

DSCN0063.jpg

DSCN0064.jpg


帰りの切符です。
DSCN0065.jpg
金瓜石より12時過ぎに無事、駅まで戻りました。
すぐに、とんぼ返りもできたのですが、
あえて、この時間のものを予約しました。


14時38分、定刻に電車が入ってきました。
DSCN0066.jpg
帰りは、日本風に言えば急行電車です。




【頭城・宣蘭】
12月26日(土曜日):レンタカーにて頭城・宣蘭へ行ってきました。
レンタカーを一旦は、諦めかけたりと、色々ありましたが結果、
思い通りに、レンタカーを台北にて借りることができました。

レンタカー手続き詳細は、このブログの最後に記載させていただきます。
レンタカー会社は格上租車という会社の景美店という営業所にて借用。
(市内郊外)
(ペリカントラベルネットという代行会社の
インターネットを通じて借用手続き)
http://www.pelican-travel.net/tourDetails_NewPage.php?frCd=taiwan&BNo=3

※台湾は右側通行、運転席は左側、無意識で、
方向指示器とワイパーを間違えて操作してしまいます。
右左折も逆です。


高速道路の出口にて支払、この券をもらいます。
img149.jpg
高速料金は40元です。(日本円:¥120)

目的地のメイン、頭城へ到着、車を適当なところへ路上駐車してから、
徒歩にて、最初に撮影したのがこちらです。
DSCN0067.jpg

DSCN0068.jpg

頭城駅です。
DSCN0069.jpg

駅のそばにある案内図です。
DSCN0070.jpg


ここから頭城老街に入ります。
(清の時代の建物がたくさん現存修復されています)
現在のこの街は、北門から南門までを頭城老街と記載していましが、
レンタカーに気を取られていて、ほぼ白紙の状態で街へ入りました。
そのため、歩いた順番で、写真が撮影されています。



撮影しました、頭城老街の各建物の説明文は、
残念ながらよくわかりません。
台湾観光協会(大阪事務所)の山中様にお力添えいただき、
説明文の翻訳をしていただきました。(参考程度の翻訳)
結局、英語で書かれている説明文を、
私が翻訳しました。(かなりあぶない翻訳です)


名称:【呉朝陽宅】1930年の建築。
DSCN0071.jpg
大陸より建築家を呼んで建てさせたもの。
その当時の時代にあった、実用的で、質素、シンプルなもの。
(鉄筋コンクリート造:現在でいうRC)
空間の柱は、ギリシャ風のもの。
建築当初は、小さかったが、その後、増築。

上の建物の説明をカメラで撮影したのです。
DSCN0072.jpg


ここが中心だったようです?【慶元宮】
DSCN0073.jpg

DSCN0074.jpg
1796年(清の時代)の建築、この頭城老街で、
一番古いお寺です。
当時、ここを中心にして南北に街が拡大していったそうです。
(ここでは、海の神様を祭っています)
建物は修復されていますが、
当時の大陸方式スタイルの石柱です。


DSCN0075.jpg


DSCN0076.jpg
この建物を撮影した左側に上記の案内図があります。
(ここは広場になっています)



ここを背にして撮影したのが、こちらです。
DSCN0077.jpg

同じところを、道路の向こうから、その全景を撮影しました。
DSCN0078.jpg



名称:【陳春記商號】
DSCN0079.jpg
日本統治中期ごろの建築とのことです。
:鉄筋コンクリート(現在でのRC)
(日本統治時代は、1894年~1945年)

DSCN0081.jpg

ここに写っている、彼女たち(中学生ぐらい?)と、
一緒に撮影しました。
DSCN0082.jpg
ちょっとした、楽しい出来事がありました。
一緒に撮影したことも、そうですが、
その子供たちの一人が携帯で誰かと話をしていて、
そのまま、その携帯を私に渡しました。
相手の方は、ご老人のようで、(声の感じから)
忘れていた日本語を話されました。
たぶん、日本の統治時代を
経験された方々のお一人と推測されます。



DSCN0083.jpg

DSCN0084.jpg
この南門福徳祠は、北門福徳祠と同一時期の清の時代、
同治2年(1863年)建築のもの。
この建物は、当初より、リフォームされてしまいデザインが、
変わってしまった。
ただ、現状と、以前の写真を比較した限りでは、
あまり変わってはいないとのことです。
対になっている南北の建物は、ほこら、
神を祭るやしろとして建てられたものとのことです。

【頭城老街地図】:案内図
DSCN0085.jpg
200年の時間のトンネル:
頭城は、1796年(清王朝の嘉慶元年)に宣蘭エリアにて、
中国清王朝の時に、ここを最初の入植地として
確立したとのことです。
この港は、海運業にとって非常に有効な
ものとなっていたとのことで、
この頭城は、もっとも重要な貿易都市であったそうです。
また、ここの老街の街は、宣蘭エリアにおける
商業貿易の重要な拠点になっていたとのことです。

【頭城老街の栄枯盛衰】:
頭城老街は、1878年(清朝光緖4年の夏)、
及び1883年(清朝光緒9年)、
大洪水によって、その水路を塞がれてしまいました。
この時、アメリカの大型船舶は、
浅瀬の岩礁に激突して沈没してしまい、
そして港は閉鎖され、ここの港湾事業は衰退し、
このことで、頭城老街の繁栄は失われてしまいました。
それでもなお、今日、頭城老街、十三行などの建物によって
この街の栄枯盛衰を垣間見ることができます。



【現在の南門福徳祠】
DSCN0086.jpg
この下のほうの柵に置いてある黒いカバンは、私のです。


この時、子供たちと一緒に撮影しました。
DSCN0087.jpg
写してもらった彼女を、私が同時に撮影しました。
この後、和平街の、裏の通りを抜けて、
北門福徳祠の方へ、戻りました。


【盧纘祥居所】
DSCN0088.jpg
1928年(昭和3年)に建てられた「盧(ろ)邸」だそうです。
現在も、どなたかが居住されているようです。


DSCN0089.jpg
ずーと、遠くに写っているのが北門福徳祠です。


DSCN0090.jpg
清の時代に、ここをメインの港として
食糧雑貨類の販売を目的に
海運業をしていたところだそうです。
十三行(倉庫)は、頭城老街の北に位置しており、
ほぼ同時に、船積み、荷降ろしが、
容易にできる桟橋があったそうです。
盧一族の海運業とその倉庫は、
その当時、最大の会社であったと伝えられています。
記録によると、その建築は、大陸の福建スタイルの
紅瓦の屋根と、おもてがお店で、
後ろが中庭の家屋構造になっていたとのことです。
側面のアーチを並べた廊下は、
普段、通れないようにしていたようで、
狭い通路は、盗難防止対策として計画されたもののようです。


DSCN0091.jpg

DSCN0092.jpg
1863年(清朝同治2年)北門福徳祠は、
頭城老街の北端に位置しており、
貿易など商業が繁栄し、頭城の商人たちは、
商い貿易の発展を願って、
南北に福徳祠(神のほこら)を建てることにしたとのことです。
この独特の台湾の建物は、
ただ一地方のものというだけでなく、
象徴としての財産であるといえます。
今日、私たちが見ることができる北門福徳祠は、
1916年(日本統治大正5年)に改築したものです。


DSCN0093.jpg

DSCN0094.jpg




【ここから宣蘭です】
DSCN0095.jpg
台湾でマクドナルドをどうしても、食べたかった。
しかし、この台湾では、
マクドナルドと言っても分かりませんでした。
ここでの昼食の後、明るいうちにレンタカーを
返却したかったため、また宣蘭についての、
事前の下調べをしていなかったので、
とりあえず駅まで、ぶらぶらと歩いて終わりました。


DSCN0096.jpg
下記建物の説明文ですが、よくわかりません。
DSCN0097.jpg
この建物は1886年当時、監獄だったそうです。
DSCN0098.jpg

DSCN0099.jpg

1936年(日本統治時代)
DSCN0100.jpg

DSCN0101.jpg

DSCN0102.jpg
明治42年3月との記載があります
DSCN0103.jpg

宣蘭駅です。
DSCN0104.jpg
この駅と、その周辺は、あえて、
当時の状態を再現するために、
再開発をしないようにしていると思われます。
(私が見て感じたこと)

DSCN0105.jpg

DSCN0106.jpg

DSCN0107.jpg

中山公園入口です。(門にそう書いてありました)
DSCN0108.jpg

帰宅時、車内より宣蘭駅を撮影しました。
DSCN0109.jpg
この後、無事に台北へ戻り、レンタカーを返却しました。



最後に、レンタカーの手続きについての記載をします。
【レンタカー】:借用手続き要領

台湾にてレンタカーを借用、運転するためには、
まず事前に書類を入手する必要があります。
(1.2.3)
日本出国日の、1か月前ぐらいには、
この書類が整っているほうが、安心できます。

【必要書類】

1.パスポート

2.中国語翻訳文:
JAFにて対応:ただし事前連絡、
なおかつ、窓口受付、1時間後の発行:待つのがいやなら郵送料¥380
中国語翻訳文(1).jpg
1枚目の表紙です。

中国語翻訳文(2).jpg
2枚目です。

3.クレジットカード(VISA、マスターズ、アメリカンエクスプレスのみ):要注意。

上記の書類が入手されましたら、以下の代行手続きをします。
(決済は、クレジットのみ:上記の会社のみ)
:クレジット決済 USD 25$

※レンタカー借用の営業所(レンタカー会社は、格上租車のみ)を
指定することを忘れないでください。
(例:美景店のような郊外のほうが、運転がしやすい)
:交通量の問題。
営業所の確認は、格上租車のHP、あるいは、
ペリカントラベルネット内にあるものを参照のこと。
ペリカントラベルネット(下記)
http://www.pelican-travel.net/tourDetails_NewPage.php?frCd=taiwan&BNo=3
ここに記載された通りに手続きをします。
(手続きは、運転日の1週間前までに完了するものとする)

上記手続きの際に、パスポート、運転免許証、
中国語翻訳文の各コポーの添付が必要です。
各書類は、スキャナーをした後に、
ワードなどに張り付けたものを
メールの添付ファイルとして送付してください。

具体的な、決済、確認書については、
ペリカントラベルネットに詳細説明があります。

以下はレンタカー借用の際の書類です。
(格上租車の景美店営業所での書類です)
img151.jpg

img152.jpg
レンタカーの格上租車は、JCB大丈夫でした。

img153.jpg
この書類は、日本でのレンタカー借用時、
おなじみの書類です。(内容は同じという意味です)
運転する車のキズを事前点検する際に使用します。

ガソリン補給は、日本とまったく逆で、
empty(空っぽ)とまでは、言いませんが
早めにガソリン補給をしたほうが安心です。
ガソリンスタンドでは、
ただ一言、ジョウウー・ジャーマンと
言えばよいとのことです。
(レギラー満タンの意味だそうです)
:ネットの体験談がありました。

私の頭城・宣蘭のドライブは、
事前に20~25Lぐらいで大丈夫ですよとの助言が
あったのですが、万が一の事態を考えて満タンにしました。



おまけです。(2010年1月1日:撮影)
DSCN0123.jpg
DSCN0124.jpg
DSCN0125.jpg















































































































































































タグ:台湾旅行
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2007年12月30日(日曜日)淡路島・徳島 [旅行(年末・年始)]

淡路島・徳島へ日帰り旅行。 gg.jpg 【淡路ハイウェイ・オアシス】 寝屋川自宅をAM5時30分に出発、 阪神高速道路(東大阪線) 水走入り口より、 神戸線を経由し、 明石海峡大橋を渡る。 ff.jpg 【淡路島南PA】:淡路島南端部 淡路島南PA到着:AM7時20分ごろ。 予定より大幅に早い到着のため、 (自宅より渋滞無し) 最初の計画通り、 次の鳴門北インターより高速を降りて、 一般道にて、徳島市内へ向かう。 cc.jpg 【眉山公園】:徳島市 AM9時ごろ、 頂上のPA付近(頂上一体が公園) bb.jpg 【眉山公園】 吉野川下流、徳島市内方面を撮影 dd.jpg ee.jpg 駐車場から徳島港方面 小松島・阿南方面を撮影 aa.jpg 【南海フェリー】徳島市・和歌山市間を 2時間で結ぶ。 AM11時:徳島港出発。 出発後、船尾より徳島港撮影 nn.jpg oo.jpg 【南海フェリー】 鳴門大橋撮影:左側が鳴門市、右側が淡路島 遠過ぎて、ほとんど認識できません。 mm.jpg 【阪神高速道路4号湾岸線・泉大津PA】:11階展望フロア 和歌山市には、定刻のPM1時に到着、当初は 岸和田PAにて夕食をと考えていたが、早すぎるため、 経路変更、阪神高速道路(湾岸4号線)を通り、 途中の泉大津PAに寄る。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2007年・年末:大津プリンスホテル [旅行(年末・年始)]

2007年12月31日(月曜日) 大津プリンスホテル宿泊 2914号室より琵琶湖を撮影。 kk.jpg jj.jpg 同日の夜10時過ぎ試しに、 セルフタイマーを使用して撮影して見る。 ii.jpg hh.jpg 2008年1月1日(火曜日):大津プリンスホテル AM8時半ごろ、朝食後、部屋に戻り母とセルフタイマーにて撮影。 AM9時半ごろ、チェックアウト直前に撮影。(2914号室にて) ll.jpg 大津プリンスホテル出発 この後、そのまま帰宅するのを変更して米原駅前の井筒屋へ 昼食用のステーキ弁当を買いに行く。 米原付近は雪。→とんぼ返りで帰宅。
タグ:年末年始
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
旅行(年末・年始) ブログトップ